コリアニュース
コリアニュース №469(2012.3.29)
印刷
朝鮮宇宙空間技術委員会副局長が記者会見
 朝鮮宇宙空間技術委員会宇宙開発局の副局長が28日、地球観測衛星「光明星3」号の打ち上げに関連して朝鮮中央通信社の記者と会見を行った。  
以下、会見内容を紹介する。 
 
会見で副局長は、意義深い太陽節に際して打ち上げる実用衛星の資料と今回、招請している各国の専門家及び、記者たちの参観に関して質問に答えた。 
【質問】わが国の初の実用衛星である「光明星3」号の使命は何か。 
【回答】「光明星3」号は地球観測衛星で、わが国の山林資源分布状況と自然災害程度、穀物予定収量などを判定し、気象予報と資源探査などに必要なデータを収集することになる。 
【質問】「光明星3」号の性能は何か。 
【回答】「光明星3」号には撮影機が設置されており、写真をはじめ観測資料を衛星管制総合指揮所に電送することになる。 
衛星の質量は100キロであり、高度500キロの太陽同期円軌道に沿って回転し、寿命は2年である。  
【質問】「光明星3」号の打ち上げに各国の専門家、記者たちを招請したが、彼らに何を見せることになるのか。 
【回答】まず、西海の衛星打ち上げ場に行って発射台に設置された運搬ロケット「銀河3」と人工衛星「光明星3」号を直接目にすることになるだろう。 
そして、打ち上げ総合指揮所で運搬ロケットと衛星の打ち上げ準備実況を見ることができる。 
ゲストは、平壌にある衛星管制総合指揮所も参観し、当該の場所で「光明星3」号の打ち上げ実況を見ることになるだろう。 
われわれは、「光明星3」号の平和的かつ科学的・技術的な性格を透明性があるものに見せるため、国際慣例を超越して特例的な参観を行うだろう。(了)
 

●「朝鮮中央通信社」  http://www.kcna.co.jp/


朝鮮の国営通信社「朝鮮中央通信社」の公式サイト。   朝鮮政府の公式見解だけでなく、政治、経済、文化などのニュースを朝鮮語、英語、日本語で閲覧できます。

●エルファネット  http://www.elufa.net


総聯映画製作所が管理運営するエルファネットでは、在日朝鮮同胞の活動、生活や文化、教育など様々な情報のほか、朝鮮民主主義人民共和国の報道を含む最新情報や朝鮮映画、コンサートやアニメまで楽しいコンテンツを配信しています。

是非アクセスしてご覧下さい。