コリアニュース

コリアニュース №642(2016.2.24)
印刷
朝鮮人民軍最高司令部・重大声明: 「わが運命のまぶしい太陽を遮ろうとする者を容赦なく懲罰する」

 朝鮮人民軍最高司令部は2月23日、次のような重大声明を発表した(以下全文)。

最近、チュチェ朝鮮の初となる水爆実験と地球観測衛星「光明星-4」号打ち上げの痛快な完全成功で失神状態に陥った米帝と南朝鮮傀儡が最後のあがきをしている。

国連を舞台に繰り広げられているヒステリーな「制裁」決議の採択策動も、様々な戦争殺人装備を動員した狂気じみた軍事的圧殺策動も、わが国に対する前代未聞のすべての「選択案」も、われわれの意志をくじくことができなるや否や、米国と南朝鮮傀儡は最後の賭けにでてきた。

それが、すなわち、わが最高指導部を狙った「斬首作戦」を通じて「体制崩壊」を実現しようということである。

すでに、この作戦に投入される米帝侵略軍の原子力潜水艦「ノースキャロライナ」号が釜山港に入港し、「F-22A」ステルス戦闘爆撃機が烏山米空軍基地に機動展開するなど、米帝侵略軍の特殊作戦部隊が南朝鮮に次々と押し寄せている。

戦時にわが最高指導部と核及び戦略ロケット軍基地をはじめとする重要戦略対象の打撃作戦を任務としている米帝侵略軍の陸軍第一特殊戦団と第75特攻連隊、米海兵隊・特攻連隊、米空軍第720特殊戦術戦隊、米海軍特殊戦団「シール」チームなど、特殊作戦部隊が現地に展開している状態である。

過去、海外侵略戦争などで悪名をはせた米帝侵略軍の陸軍、海軍、海兵隊、空軍のほとんどすべての特殊作戦部隊といわゆる「とげ抜き式打撃」に動員される侵略部隊が南朝鮮に一挙に押し寄せたことは過去になかった。

米国と南朝鮮傀儡は、じきに強行する「キー・リゾルブ」、「フォール・イーグル」合同軍事演習の際、新しくつくり出した「作戦計画5015」の核心項目である連合「斬首作戦」とわれわれの核および戦略ロケット軍「除去作戦」の現実性を検討するとためらいなく騒ぎ立てている。

敵が騒ぐ「斬首作戦」なるものは、われわれの核と戦略ロケットの「使用」を遮断するため「命令権者」を事前に「除去」するという極悪非道な先制攻撃の内容を含んでいる。

事態の深刻さは、南朝鮮傀儡が同族圧殺のために米国の核戦争殺人装備をむやみに引き入れただけではなく、「斬首作戦」の実行に血眼になって参加していることである。

極悪非道な「斬首作戦」と「体制崩壊」策動はわれわれに対する敵対行為の極致である。

わが軍隊と人民は、わが革命の最高指導部を自分たちの人生すべてよりもさらに神聖視している。

誰であろうと、われわれの尊厳高き最高指導部にほんの少しでも手出しするなら、何の容赦も雅量も忍耐もなく即、厳しい懲罰をくわえるのが、わが数千万軍民である。

現在の情勢が、これ以上、手をこまねいていられない険悪な事態に至ったことと関連し、朝鮮人民軍最高司令部は憤慨するわが数千万軍民の数千数百倍の報復意志を込めて次のような原則的立場を明らかにする。

今この時から、わが革命武力が保有する強大な戦略及び戦術攻撃手段は、いわゆる「斬首作戦」と「とげ抜き式攻撃」に投入される敵の特殊作戦部隊と作戦装備がほんの少しでも動を見せる場合、それらを事前に徹底的に制圧するための先制的な正義の作戦行動に突入するであろう。

第1次的攻撃対象は、同族対決の謀略巣窟である青瓦台と反動統治機関である。

わが民族の共同の財宝である核抑止力と宇宙開発の成果を執拗にけなしながらも、この地に核の惨禍をもたらす米国の核戦争殺人手段をむやみに引き入れる朴槿恵逆賊一味こそ、この地で生きて呼吸する資格を失って久しい。

大空の太陽を遮ろうとした大罪、われわれの生活基盤をなくそうとする悪行に対しては必ず、もっとも残酷でもっともすさまじい代価を払わなければならない。

われわれの重大な警告に気づくこともできずに愚かな軍事的妄動に固執するならば、その根源を一掃するための第2次攻撃作戦に突入することになるだろう。

第2次攻撃対象は、アジア・太平洋地域の米帝侵略軍の対朝鮮侵略基地と米国本土である。

米帝との最終決戦のために、世紀をまたいで固めてきたわれわれ式の打撃戦は、世界が想像することもできない奇想天外な報復戦となるであろうし、すべての悪の巣窟がこの惑星に再び蘇生できないよう粉々に粉砕してしまうであろう。

しっかりと知るべきである。

われわれには、任意の時刻に、任意の場所で、米国本土を思うままに打ち砕くことのできる、世界が持ったこともない強力な最先端攻撃手段がすべてある。

米国との最終決戦のために1,2年ではなく、半世紀をはるかに越え、代を引き継いで総力を尽くしてきた、われわれの軍事的能力についてもう隠す必要を感じない。

米国は、われわれが打てばそのまま打たれ、浴びせれば火に焼かれてなくならなければならない。

これが、われわれに対抗してきた米国に与えられた宿命的な末路である。

侵略の牙城はわれわれの射程内にあり、報復打撃の撃鉄を起こした状態にある。

米国と南朝鮮傀儡は無慈悲な天罰をそのまま受け入れるのか、または、遅ればせながら謝罪し事態収拾の道に進むのかという最後の選択をするべきである。

空から太陽を引きずり下ろすということほど、愚かで馬鹿げたことはない。

わが革命の最高指導部を擁護し千重万重に城壁を築いたわが数千万軍民は敵対勢力のすべての挑発策動を容赦なく踏み潰し、白頭山大国の最終勝利の地平に向かってさらに力強く疾走していくであろう。

(了)

●「朝鮮中央通信社」(日本語) http://www.kcna.kp/goHome.do?lang=jp

●エルファテレビ  http://www.elufa-tv.net/


是非アクセスしてご覧下さい